監督の必要性

大きな家

建物を構築して利益を得ようとする人が増えています。かなりの数が存在しているため、競合相手に負けないための建物を作ろうと意地になりがちです。その結果によって現在では高機能な建物があちこちに作られるようになりました。建築された建物は旧来のものよりも便利に利用できます。 しかし建築作業中において高機能である事はよく足を引っ張るのです。なぜなら仕事に参入する業者が増えるせいで、衝突する可能性が高まります。そして中には丁寧に仕事を進めない業者も存在するのです。彼らは強引に依頼された仕事を進める事で、図面通りに完成させる事を邪魔します。仮に提示された仕様を守って建造物を造れても、それは施主の本意から外れているのです。

建物の工事に複数の業者が参入するようになって求められたのは、中立的な立場を守れる存在でした。施主が務める方法もありますが、彼らの多くは知識を備えていません。仮に現場へ参加しても業者に言いくるめられる恐れがあります。 そのリスクを軽減するために存在しているのが設計管理と呼ばれる仕事です。設計管理とは現場の仕事と図面を比較して、規定通りに進んでいる事を確認するために存在します。彼らは相応の知識を持っているため、現場の作業員にごまかされる恐れがありません。 設計管理の仕事は高機能なビルにおいて大活躍をしています。複数の会社が存在している現場においても、設計管理を担当する業者は施主の依頼によって動くため、利害関係で仕事を見誤る事がないのです。

発電システム