事業の一環

豪邸

太陽光発電による売電収入が話題になり、多くの家庭で太陽光パネルを屋根に乗せるようになりました。 もともと設置予定ではなかった場合は屋根の形状によって乗せられる量が限られてしまいます。 太陽光発電の売電収入を考えるとできるだけ大きい容量のパネルを乗せたいというニーズに各社が、工夫を凝らしています。 四角いパネルが普通のものですが、台形の形のパネルで三角の形の屋根にも無駄なくパネルを乗せれるようになっています。 東芝製のものは最大モジュール変換効率世界ナンバーワンといわれています。 より小さい面積で多くの発電量が見込めるパネルということです。 また東芝の太陽光発電への参入は次世代電力網であるスマートグリッド事業に大きく関わっているといわれています。

太陽光パネルを設置する業者はたくさんあります。 大手電器店でも取り扱いをしています。 太陽光発電のパネルだけでなく、パワーコンディショナは電化製品の一つだからです。 それらの寿命は10〜15年と言われています。 売電収入を20年間見込んでいても、故障してしまうと修理費用、新しく購入しなくてはいけないため、意外と維持費がかさんでしまいます。 東芝では無償の通常保証としてソーラーパネル、パワーコンディショナ、接続箱、ソーラーパネル架台には10年間の保証が付いています。それに加えて有償ですが20年パワフル保証、15年パワフル保証というものがあります。これは業界トップレベルの保証です。東芝を利用することで長く安心して高効率の太陽光発電での売電収入を得ることができます。

発電システム